パナソニックホームズ

アルミ樹脂複合サッシは寒い?ペアガラスでも結露する?【パナホームの窓】

住宅メーカー選びで初めて知ったのは、窓のサッシにも種類があることです。

 

  • 樹脂サッシ
  • アルミサッシ
  • 樹脂とアルミの複合サッシ
  • 木製サッシ

などなど。

 

ほとんどの住宅メーカーで、「うちは樹脂サッシを使用しています。今は外も中も樹脂のサッシが主流ですよ!」と言われて、「ヘェ〜」と思っていました。

そして、わが家が建てたパナソニック ホームズの「カサートS」のサッシはと言うと、アルミと樹脂の複合サッシ(ペアガラス:アルゴンガス入り空気層12mm)でした。

 

「複合サッシってどうなんだろう?…結露しないの?寒くないの?」と思いましたが、よく考えてみると、住んでいたアパートのサッシはアルミ樹脂の複合サッシを使っていました。(同じくアルゴンガス入り空気層12mm)

普通に快適でした。

 

パナソニックホームズで新築したおうちに引っ越したのは、12月の冬のまっただ中。

外気温がマイナス10度近く、家の中は全館空調エアロハスで20度以上を保っている日の結露の状況は、うっすらと結露がつくぐらいです。

 

 

実際の結露の写真

つまり、アルミと樹脂の複合サッシでも、普通に快適な生活ができています。

 

寝室でも結露の状況は同じです。

外気温が上がるにつれて結露は自然に解消されますし、凍りつくということはありません。

 

 

構造などの詳細


参考
我が家の建物構造や導入した住宅設備まとめ|パナソニックホームズ新築ブログ

わが家はパナソニック ホームズ(旧:パナホーム)でおうちを建てました。 とは言え、パナソニック ホー ...

続きを見る

 

わが家のカサートSは標準で「Low-eガラス(日射遮熱型) 複合サッシ(アルゴンガス12mm)」を搭載

わが家のパナソニック ホームズの建物では、Low-eガラスの複合サッシ窓が付いています。

室内側は樹脂製、外壁側がアルミ製の複合サッシになります。

私の住む地域では、ガラスはペアガラス(旭硝子製)が標準で、ガラス層の厚さは12mmです。この中に、アルゴンガスが入るので、より断熱性能のアップが期待できます。

 

わが家が契約したパナソニック ホームズと同じ支社で取り扱っていた少し前のカサートSでは、標準のアルゴンガス層は6mmだったとのことです。

 

ペアガラスの中の空気層が厚ければ、その分、断熱性能は向上します。

 

ちなみにトリプルガラスにするという選択肢もありましたが、窓の性能は劇的には上がらないということだったのでやめました。

 

ココに注意

パナソニック ホームズでも、地域によって標準となるサッシが変わることもあるので、必ず営業マンに確認してくださいね。

 

 

なぜパナソニック ホームズのカサートのサッシはアルミ樹脂の複合サッシなのか? そのメリットとは

一般的に、樹脂サッシ(外側も内側も樹脂)のサッシの方が断熱性能が上であると言われています。

高気密・高断熱に定評のある一条工務店が採用しているのも、樹脂サッシ。

それではなぜ、パナソニック ホームズのカサートには複合サッシを採用しているのでしょうか。

 

複合サッシのメリットの1つに、強度が高いという点があります。

パナソニック ホームズの建物は、地震に強いと言われており、制振構造になっています。

ただ、構造自体が制振でも、窓枠が地震に耐えられなければ意味がありません

その点アルミ樹脂複合サッシなら、外側のアルミサッシで強度を増し、内側の樹脂サッシで断熱するといういいとこ取りが実現しますね。

 

参考
我が家は地震保険には入らず!耐震・制振に強いパナソニックホームズについて

わが家はパナソニック ホームズでおうちを建てました。 建物の種類は「カサートS」、鉄骨軸組工法(HS ...

続きを見る

 

パナソニック ホームズで樹脂サッシの選択をすることは現在できない。トリプルガラスなら対応化

ちなみにですが、オプション対応で「樹脂サッシにしたい!」という要望があっても、今のところ対応していません。

標準はペアガラスですが、これをトリプルガラスにすることは可能です。(オプション対応)

 

パナソニック ホームズで窓の断熱性能をさらにあげたいということであれば、トリプルガラスを検討しましょう。

 

アルミ樹脂複合サッシは寒くないの?…そもそも窓自体に高い断熱性能がないので、どんな窓でも寒いです

熱伝導率が良いアルミを使ったサッシだと、外の冷気をもろに受けて寒そうなイメージはありませんか?

実際、パナソニック ホームズのおうちに住んでみると、朝晩冷え込んでいる時間帯の窓の周辺は他と比べて温度が低いです。

正直なところ、樹脂サッシのおうちに住んだことがないので比較のしようはありません。でも、引き違い窓であればどうしてもスキマができるので、大きくは違わないのではないでしょうか。

 

寒さが気になる場合は、断熱性能の高いカーテンを使用するようにしましょう。

 

住まい心地は快適

参考
パナソニックホームズの住み心地レポート!リアルな口コミをお伝えします

無事に引き渡しも終わり、パナソニック ホームズのカサートS(鉄骨軸組工法)のおうちに住み始めました。 ...

続きを見る

 

 

「樹脂サッシなら結露しない」はウソ!どんな窓でも結露する可能性がある

結局、アルミ樹脂複合サッシ vs 樹脂サッシ どちらがいいの?

寒冷地では樹脂サッシが一般的だと言われますが、かと言って樹脂サッシでも絶対に結露しないわけでもありません。

 

湿気の多いお風呂や、冬の寝室(特に体温の高い子供が寝ている場合)は、どんなに高性能な窓やサッシでも結露は起こります。

また、換気が十分に働いていない場合は、室内に湿気がこもりやすくなり結露しやすくなる原因になります。

 

窓やサッシが結露するかどうかは、窓の性能だけではなくて、家全体の性能の問題です。

 

ちなみに全館空調エアロハスはエアコンです。家全体が乾燥気味になるので、加湿器を使わないと湿度30%ぐらいです。

我が家の場合、家の中が乾燥気味なこともあり、結露に悩まされることは特にありません。

また家の中が一定温度なので、凍りついて窓が開かないようなこともありません。

 

ということで、複合サッシでも寒さは気にならないですし、結露も大丈夫ですよ。

 

あわせて読みたい
全館空調エアロハスの施工写真から見た特徴まとめ|パナソニックホームズの口コミ

我が家はパナソニック ホームズでおうちを建てました。 そして約200万円をかけて採用したのが、全館空 ...

続きを見る

 









-パナソニックホームズ
-

Copyright© おうちたてる。 , 2019 All Rights Reserved.