パナソニックホームズ

パナソニックホームズ「35年あんしん初期保証」の内容と従来との変更点まとめ

わが家はパナソニック ホームズでおうちを建てました。

契約したのは2018年5月、そして同じ年2018年12月に完成し引き渡しされました。

 

2019年10月以降に契約になった方から、初期保証が35年(構造躯体35年・防水30年)に延長されました。住宅ローンを35年で組んだとしても、返済完了まで安心ですね。

 

では2019年9月以前にパナソニック ホームズを契約した我が家の初期保証期間はというと、

  • 構造躯体…20年
  • 防水…15年

↑といった初期保証期間になっています。

 

以前の保証期間と比べると、構造躯体・防水それぞれの初期保証期間が15年も延長されたということになりますね。

 

これからパナソニック ホームズを考えている人は、長きにわたって安心ですね!

とは言え、今までにすでに契約してマイホーム計画中・建設中・居住されている場合でも、建物の構造が変わったということはないので心配する必要もないですよ!

 

私はどう感じたか?というと、「すごいな〜」という率直な感想のみでした。

建設中から建物を見ていますが、軽量鉄骨の柱と梁はボルトでしっかり締められているのも見ているし、いたるところにアタックフレーム(耐力壁)が入っているので、構造躯体が心配ということは一切感じていません。

 

▼我が家はカサートSで建築しています

関連記事
パナソニックホームズのカサートSとCの違い!構造と値段が全然違うけど選べるの?

わが家はパナソニック ホームズでおうちを建てました。   パナソニック ホームズ(旧:パナ ...

続きを見る

 

この記事では、新たにパナソニック ホームズ株式会社が導入した、工業化住宅業界で最長の住宅の構造躯体35年・防水30年の初期保証『35年あんしん初期保証』についてまとめます。

 

パナソニック ホームズの『35年あんしん初期保証』の内容

画像:パナソニック ホームズ公式サイト

従来の60年長期保証延長システムに変更はありません。

 

今回変わったのは、「初期保証」の期間です。

  • 構造耐力上主要な部分(構造躯体)…35年
  • 雨水の侵入を防止する部分(防水)…30年

 

「構造耐力上主要な部分」における主な対象部位は、基礎、構造躯体(柱・梁・耐力フレーム等)、床、屋根、外壁など。

「雨水の浸入を防止する部分」における主な対象部位は、屋根もしくは外壁、屋根もしくは外壁の開口部に設ける戸・枠・その他の建具、雨水を排除するため設ける排水管などが対象です。

 

35年あんしん保証を受けるために必要な条件

…などが条件になります。

 

また防水の初期保証の適用は、引渡しの日から19年経過後20年満了するまでの間に、パナソニック ホームズが指定する有料メンテナンス工事(シート防水の全面増し貼り・外部露出目地のシーリング打替え)を実施することが条件となります。

 

吹き付け外壁や、ガルバニウムの屋根材などを使用した場合は、35年ではなく従来の20年保証になる場合があります。必ず、営業マンに仕様を確認してくださいね。

 

▼パナソニック ホームズのキラテックタイルは、よく一条工務店のハイドロテクトタイルと比較されることが多いです

あわせて読む
【表で比較】一条工務店のハイドロテクトタイルとパナホームのキラテックの違い

おうちを建てるにあたって、外壁の素材はとっても重要です。   外壁は常に雨風にさらされるし ...

続きを見る

 

従来まで(我が家の場合含む)のパナソニック ホームズのあんしん保証の内容

我が家は、2019年9月以前の契約ですので、構造躯体20年・防水15年の初期保証期間になっています。

 

2019年10月以降にパナソニック ホームズを契約した場合でも、指定の仕様(キラテック・陶器瓦等)にしなかった場合は、上記の保証期間になります。

 

15年、20年…などの節目の年に、有料メンテナンス工事を続けていけば、最長60年まで保証延長になるのは新制度と変わりません。(保証延長をおこなうかどうかは自由です。)

 

▼我が家はメンテナンスコストがあまりかからない点でもパナソニック ホームズを選びました

あわせて読む
マイホーム新築計画|わが家がパナソニックホームズに決めた10の理由

短期決戦(約1か月半)で10社ほどの住宅メーカー・工務店を「わぁーーー!」っと見た末、ついにハウスメ ...

続きを見る

 

「35年あんしん保証」の背景にある日本の現代の住宅事情と長期優良住宅のこと

日本の住宅では、「スクラップ&ビルド(壊して作り直す)」という価値観が根付いてしまっています。

 

  • 日本の住宅は寿命が短く、新築後30年程度で建て替えられる傾向
  • 税制上、新築後20年で評価額が償却してしまう
  • 結果、空き家増加の要因

 

たしかにずっと昔の住宅は「築100年」とか普通だったけど、戦後〜バブル期以降ぐらいの住宅は20~30年でボロくなって建て替えてるイメージ…

 

対して、国土交通省「平成30年度住宅経済関連データ」によると、海外の住宅寿命はイギリス80.6年、アメリカ66.6年と、とっても長いんだそう…。

 

「長持ちする家」を作ってもらうために、国は住宅政策として「長期優良住宅」認定制度をおこなっているのも対策のひとつです。

長期優良住宅は、「住宅ローン控除額の拡大」「税制の優遇」で施主にメリットがある他、施工会社にも長持ちする建物を作ってもらうために存在する制度です。

 

▼我が家は長期優良住宅の条件はクリアしていますが、申請はしませんでした

あわせて読む
我が家は長期優良住宅を申請せず!その理由と制度のメリット・デメリットを考察

わが家はパナソニック ホームズでおうちを建てました。 パナソニック ホームズでは、標準仕様が長期優良 ...

続きを見る

 

住宅ローン返済期間35年の間に発生するメンテナンスコストも考えて、ハウスメーカー選びをしよう

住宅ローンの返済期間は、人によってさまざまですが「35年」をベースに考える方も多いと思います。

 

新築の間はいいけど、10年・20年…の間に、外壁の塗り替えやシーリングの打ち直し、水回りのリフォームに…さまざまな補修費用が乗っかってくることを忘れてはいけません。

 

35年固定金利で住宅を購入した場合、35年間返済金額が変わらないのはメリットですが、新築と30年経過後に支払う毎月返済額の”重み”は全然違います。

 

新築に7万円返済は「おトク」と感じると思いますが、30年後も同じ金額を支払って同じように感じるでしょうか。

そもそも、30年後の家がどうなっているのか、なかなか想像できませんよね…。

 

▼私の場合、実家が築25年のローコスト住宅なので、メンテナンスコストの重みを両親から聞いて感じています…。

参考
パナソニックホームズは高い? ローコストの実家と比較した感想【口コミ・評判】

わが家はパナソニック ホームズでおうちを建てました。→選んだ理由はこちら パナソニック ホームズは「 ...

続きを見る

 

 

パナソニック ホームズは、工業化住宅なのがメリットです。さまざまな耐久性実験をして、「強さ」と「暮らしやすさ」を追求しているからこそできた初期保証期間の延長ですね。

 

ぜひハウスメーカー選びの参考にしてみてくださいね。

あわせて読む
ハウスメーカー選びで疲れないために!期間は短く・効率よくするコツをブログで伝授

世の中には、たくさんの住宅会社がありますよね。 どこのハウスメーカー・工務店を選んだとしても、魅力は ...

続きを見る

 









-パナソニックホームズ
-

Copyright© おうちたてる。 , 2019 All Rights Reserved.