パナソニック製オフローラの標準仕様とオプション対応したトコ!新築お風呂で後悔したところをブログで紹介

オフローラ 後悔ポイント

わが家はパナソニック ホームズでおうちを建てました。

自然にお風呂はパナソニック製「オフローラ」を選ぶ流れとなりました。

他の選択肢としては、大人気の「ほっカラリ床」のあるTOTOのお風呂「サザナ」も選ぶことができました。

営業マンに教えてもらったところによると、「ほっカラリ床」の良さは従来の寒い家のリフォームの時に発揮するそうで、気密性の高い現代住宅ではそれほど床の冷たさは気になりません。

標準仕様のオフローラ

我が家のベースプラン

  • 浴槽:スゴピカ浴槽
  • 水栓(蛇口):スゴピカ水栓(ラウンド)
  • ラック:スゴピカカウンター(スクエア・ラック)
  • :スミピカフロア
  • 排水口:ささっと排水口
  • ドア:スキットドア(折戸)
  • シャワーヘッド:ダブル水流シャワー
  • スライドバー:シャワースライドバーメタル
  • :1面のみアクセント柄

※ユニットバスの標準仕様は、おうちを建てるメーカーによって異なります。必ずご自身の建築会社に確認してくださいね。上記は、パナソニックのカタログのプランをベースにまとめています。

上記ベースプランから、オプションの増減をして、結局最後は18万円増額になりました。

この記事では、わが家がオプションでこだわった部分、実際に使ってみて「こうすればよかった!」と後悔したことについてまとめます。

動画でも見られます★

オフローラ 後悔ポイント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次