間取りの考え方

新築のトイレは階ごと複数必要か?2ヶ所設置して感じたメリット・デメリット

新築の注文住宅を建てるとき、間取りを決める上でトイレを1つにするか2つにするか悩みませんか?

 

わが家は悩んだ末、1階と2階それぞれにトイレを設置しました。

2階リビングになりますが、階ごとトイレを設置して正解だったと感じています。

 

 

↓正直なところ、最初はおうちに1つだけトイレがあれば良いと思っていました。

 

  • 夫婦それぞれの実家のトイレが1軒に1つしかなかったが、ものすごく不便とは感じていない
  • トイレ1ヶ所を増設すると、建築費用が増加してしまう
  • トイレを設置しなければ、納戸やクローゼットなど別のスペースとして使える
  • 水回りが増えるので掃除が手間になる

 

↑トイレが1つで良いと思っていたいちばんの理由は、費用の増加です。

 

トイレ1ヶ所なくせば、20万円以上安くなるなぁ…。

 

そんなことを考えながらも、結局はトイレを2ヶ所設置しました。

上に挙げたようなデメリットはもちろんありましたが、実際には階ごとトイレを設置して正解だったと感じています。

 

ポイント

わが家は2階がリビングなので、1階にトイレをつけるかどうか悩みました。

 

新築トイレが複数必要か?と聞かれたら、必要ない。だけど便利なことはたしかと感じたメリット

極端な話ではありますが、おうちの中に1つトイレがあれば生活には困りません。

だけど、2つあったら絶対に便利です。ストレスフリーです。

 

1つ言えることは、2人以上子どもがいる家庭(4人家族以上)はトイレは2つあったら間違いなく便利です。

逆に、夫婦のみ(2人家族)や、子どもが1人だけの家庭(3人家族)の場合は、トイレは1つだけでも足りるかもしれません。

 

  • 次の人に気兼ねなくトイレにこもれる
  • 音漏れが心配なときは、普段使っていない階のトイレを使える
  • 寝室からのアクセスが良いので夜中も安心
  • 子どもが複数いると、朝トイレの時間が重なるのが回避できる
  • ニオイが気になるときは、違うトイレを使うことができる

 

特に、寝る前はトイレの時間がかさなります。

子どもは眠くて機嫌が悪いし、早く済ませたいと思ってもトイレが1つしかないと渋滞してしまいますよね。

 

いくら家族であっても、トイレは毎日使うものなので、気兼ねなく使いたいというのが本音ではないでしょうか。

 

 

でも実はそれ以外にも、意外なメリットがあることを知りました。

 

タンク式とタンクレストイレを設置しておけば、災害のときにリスク分散になる

我が家のメイントイレは、パナソニック製「アラウーノ」です。

 

汚れがつきにくく、泡洗浄してくれるのでキレイ長続きのトイレでお気に入りです。

 

このアラウーノは、タンクレストイレになります。

 

最近のトイレというと、タンクレストイレが主流になりつつありますよね。アラウーノ以外にも、

  • ネオレスト(TOTO)
  • サティス(リクシル)

も人気です。

 

ただし、タンクレストイレは電化製品になるので、停電時に操作ができなくなってしまいます。

 

タンクレストイレは手動で排水はできますが、タンクがないので水を溜めておけません。

その点、従来型のタンク式トイレも設置しておけば、電気がとまってもいつも通りの操作でカンタンに使うことができます。

 

メインのトイレをタンクレストイレにするなら、もう1つはタンク式のトイレを設置しておけば、万が一の非常時にリスク分散になります。

 

トイレの後付けはスペース・コスト面で難しいので、後悔しづらい

トイレを1つにするか2つにするか悩んでいる方は意外と多く、結果「トイレを2つ付けずに後悔した」と言っている方も多く見かけます。

理由はさまざまですが、トイレは後から増設するとそのほうがコストがかかります。

 

新築段階でトイレを付けてしまえば、使っても使わなくてもあとは維持するだけ。

「なくても生活できるけど、あればよかったなぁ」という後悔はなくなります。

 

2階リビングで1階にトイレをつけておくと庭からのアクセスが良い

我が家は2階リビングです。

トイレを複数設置しようか悩んだ際は、「2階はトイレをつけるとして、1階はどうするか?」という点について悩みました。

 

実際に1階にトイレがついたわけですが、庭からのアクセスがいいことが意外なメリットでした。

 

外でBBQをしたり、子どもを遊ばせたりしているときにトイレに行く際、わざわざ2階に上がらなくて済むのでラクです。

 

CHECK
【写真付web内覧】家事ラク動線とリビング充実生活を目指した我が家の間取り

注文住宅でおうちを建てるにあたって、いちばん楽しいのは「間取り決め」ではないでしょうか。 一方で、間 ...

続きを見る

 

住んでみてわかったトイレが2つあることによるデメリット

コスト面は抜きにして、トイレが2つあると不便だなと感じたのは以下の通りです。

 

  • トイレ掃除を2ヶ所する必要がある
  • 手洗いのタオル交換を忘れがち
  • トイレットペーパーや消耗品の在庫管理が面倒

 

やはり、水回りの掃除が増えた点はデメリットですね。

 

女性の場合、生理用品などをストックしておくのに、どちらにどれだけ置いておくべきか、ゴミ箱の管理などの手間も発生します。

 

使用頻度の低いトイレの方が、放置時間が長い分、汚れが溜まりやすいので気をつけなければならないところになります。

 

 

トイレを2つ付けたいけどコスト面が気になる…そんな人にオススメなセカンドトイレは?

タンクレストイレは導入費用が高いので、セカンドトイレには従来型のタンク式トイレがオススメです。

 

我が家のセカンドトイレにはウォシュレット機能も付けませんでした。

TOTO製の暖房便座トイレですが、アラウーノより4万円ほど安くなっています。

 

ちなみにウォシュレットは、便座だけ取り替えることで自力で後付けもできます。

最初からウォシュレット付きのタンク式トイレにするより、後付けにした方が安かったのでわざわざ付けませんでした。

 

トイレ用の手洗い水道や収納もつけない、超シンプルトイレにしておけば、費用も安く、掃除もカンタンでオススメですよ。

 

 

トイレを複数設置するかどうかは、地味に悩むところではありますが、スペースが取れて費用に納得できるならつけておくと絶対に便利です。

 

特に子供が複数いる家庭なら、普段の生活でストレスを感じないためにもトイレを2つ以上設置することを検討しましょう。

 

参考
トイレに手洗い器は必要?わが家は掃除が面倒なのでナシ!なくす場合の間取りの工夫

おうちを建てるにあたって、トイレの存在は欠かせませんよね。   ウチはというと、1階と2階 ...

続きを見る









-間取りの考え方
-

Copyright© おうちたてる。 , 2019 All Rights Reserved.