内装・インテリア

エコカラットに期待できる効果とメリット・デメリット|ウチは珪藻土を含む石膏ボードなので採用せず

我が家はパナソニック ホームズでおうちを建てました。

注文住宅でしたので、内装やインテリアなども自分たちの希望を元に決めています。

 

内装を決めるときに、リクシルの「エコカラット」というタイルを知ったけど、そんなにいいのかなぁ?…インスタグラムではおしゃれなエコカラットをよく見かけるけど…?

 

エコカラットは、リクシルの製品です。

 

エコカラットの効果

  • 調湿効果がある
  • 脱臭効果がある
  • 有害物質を吸着してくれる
  • カッコイイ

↑エコカラットを採用する人の多くは、調湿効果を期待しつつ、デザイン性を重視しているように思います。

 

脱臭効果があることから、玄関まわりやトイレ、リビングダイニング周辺にアクセントとして使う方が多いですよね。

 

でも、我が家にはエコカラットは採用しませんでした。

 

理由は、

  • パナソニック ホームズの壁(石膏ボード)には、調湿効果のある珪藻土が含まれている
  • 珪藻土には脱臭効果も含まれている
  • エコカラットは高価なので、諦めた!

我が家の場合、エコカラットに期待する効果は、すでにハウスメーカーの技術により達成しているので、残るは「デザイン性」の部分でした。そして残念ですが、キッチンタイルを諦めたぐらいなので、エコカラットも施工しませんでした。

 

でもエコカラット自体は、とても魅力的で機能的なタイルなので、メリット・デメリットをまとめます。

 

ポイント

以前のエコカラットは、水拭きするとシミになりやすいというデメリットがありましたが、現在は「エコカラットプラス」という水にも強い素材になっています。

ただし、同じデザインでも以前よりエコカラットプラスの方がお値段がアップしました。

 

エコカラットの調湿・除湿効果を発揮するのは、どれぐらいの施工面積が必要か?

そもそもの話ですが、アクセントとして少しだけエコカラットを貼ったところで、十分な力は発揮できません。

 

空間の広さにもよりますが、効果を期待するなら基本的にはひと部屋の短辺1面をエコカラットにするぐらいの施工面積が必要です。

 

  • テレビの背面に
  • キッチンの背面に
  • 寝室のベッドの背面に…

などと、ある程度、広範囲にエコカラットを貼ることで、「調湿」「除湿」などの効果が発揮されます。

 

逆に言えば、アクセントで少しだけ貼る分には、「デザイン性重視」といった考え方の方が間違いありませんね。

 

新築の内装インテリアにエコカラットが人気な理由は? 高級感のある質感と凹凸のキレイさがポイント

画像:【カームウッド】https://ecocarat.jp/cases/calmwood-1.html

 

エコカラットの調湿効果を期待して採用する方も多いと思いますが、それ以外に人気な理由は高級感のある質感だと思います。

 

多孔質セラミックス(焼物の一種)でできているので、タイル特有の高級感にくわえて、貼り合わせたきの凹凸でできる影が厚みを感じさせてくれます。

 

施工事例を見ると、エコカラットのデザインの種類によっては、まるで切り出した石を貼っているような質感のものも多いですね。

 

画像:【ストーングレース】https://ecocarat.jp/cases/stonegrace-1.html

 

また、普通のタイルにはない、ザラザラとした質感が、水回り以外のタイルとして使用するには人気の秘密だと思います。

 

 

▼アクセントクロスでもタイル風はありますが、どうしてものっぺりとした印象になりがちです。

参考
アクセントクロス選びで後悔・失敗しないために注意したい7つのこと

おうちを建てるにあたって、内装の壁紙(クロス)選びはいちばん楽しいところかもしれません。 すでに家を ...

続きを見る

 

エコカラットの調湿効果、消臭効果は本当にあるの?…施工した人の口コミ・評判

実際にエコカラットって、調湿・消臭効果は期待できるのかなぁ?

 

◎良い口コミ

  • 焼肉や焼き魚の次の日も、ニオイが残らない
  • ペットを飼っているのが、ニオイをあまり気にしなくなった
  • 寝室にエコカラットを貼ったら、結露に悩まされにくくなった
  • 玄関の靴の臭いに効果がある気がする

など、エコカラットの効果を実感している方がいる一方で、「違いはよくわからない」という方もいます。

 

エコカラットの効果は、施工面積にもよりますし、感じ方は個人で違うものなので、過度な期待はせず「インテリア性だけではない、一石二鳥以上のおトク感」ぐらいがちょうどいいですね。

 

エコカラットを施工する際のデメリットと注意点

  • エコカラットを貼った部分には、ピンなどを刺すことができない
  • 光の加減で、サンプルと、実際の施工状態でイメージが変わる可能性がある
  • 調湿効果は期待できるが、「除湿」ではないことに注意
  • エコカラットを一度貼ってしまうと、剥がすことが難しい
  • 換気をしなくてよくなるわけではない

 

エコカラットの効果に、過度な期待はおすすめしません。

「エコカラットを貼ったから、快適な空間ができるはず」と考えるのではなく、「エコカラットが暮らしを少し上質にしてくれる」ぐらいに考えておくべきですね。

 

調湿は、湿気を吸ったり、湿度が低い時に溜めておいた湿気を放出するの役割です。除湿とは違います。

 

もし除湿が目的であれば、除湿機など専用の家電を導入した方が、機能的にはずっと上です。

 

エコカラットの施工費を少しでも抑えたいなら…DIYに挑戦するのもアリ

実はエコカラットは、やろうと思えば自分で施工できます。(私はやりませんが。)

DIYできるよう、リクシル公式でエコカラットのDIYのハウツー動画まで出ているぐらいなので、やってやれないことはありません。

 

 

もし、エコカラットはお高いけど、でも絶対やりたい!ということであれば、引き渡し後にDIYに挑戦してもいいかもしれませんね。(私はやりませんが。2度目)

 

タイルは固定資産税の課税対象となるという話もあるので、固定資産税調査が終わった後に施工するというのも、1つの方法かもしれませんね。(それで劇的に固定資産税が安くなるかどうかは不明です…)

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 









-内装・インテリア

Copyright© おうちたてる。 , 2019 All Rights Reserved.