【実例】集合住宅の賃貸と新築一戸建ての電気代の差はいくら?思ったより安かった理由

我が家はパナソニックホームズでおうちを建てました。

2階建・延べ床面積40坪、全館空調ありのオール電化住宅です。

 

家を建てる前は、2LDKの賃貸住宅(オール電化)に住んでたけど、戸建てに引っ越したら電気代が上がりそうで怖い…!

…って思いませんか?(私は思いました。)

 

そしたらパナソニックホームズの担当営業マンが、

営業マン

いやいや、むしろ電気代は賃貸とほぼ変わらないか、トータルで考えればプラスですよ!売電もありますし。

 

おいおい、ほんとかよ〜と半信半疑でしたが、1年の集計をとってみたらその通りでした。

 

 

戸建ての電気代の1年間の収支

電気代実質負担額…9,097円

内訳(詳細はこちら

  • 買電の支払総額→177,889円
  • 売電の総収入額→168,792円

 

一方、集合住宅の賃貸時代の1年の電気代支払額は、145,918円でした。

(ちなみに前の家と、現在のマイホームの距離は車で約5分なので、気候の影響はほぼありません。どちらもオール電化の料金設定だったのと、在宅時間などの違いもほぼないので、電気代の差は家の違いの影響が大きいと思われます。)

 

電気代の支払い総額で見れば賃貸の方が3万円ほど安いけど、冬は別にファンヒーター用の灯油を2万円分ぐらいは買っていたので、結果的に同じぐらいですね。売電収入を考えれば、むしろプラス!

 

思ったより安かったポイント

  • 家の断熱性能がそれなりによかった
  • 24時間換気システムの電気代がかからない
  • 省エネの最新家電が増えた
  • 太陽光発電と蓄電池を導入した

…そういえば、第1種24時間換気システムの電気代で月1,500円程度かかる…と案内されたハウスメーカーもありました。

その点、パナソニックホームズの換気システムは優秀ですね。

 

この記事では、賃貸と新築マイホームでの生活の違いと、一戸建ての電気代を考える上での注意点をまとめます。

 

▼暮らしていく上での維持コストも考えてパナソニックホームズに決めました

あわせて読みたい
マイホーム新築計画|わが家がパナソニックホームズに決めた10の理由 短期決戦(約1か月半)で15社ほどの住宅メーカー・工務店を「わぁーーー!」っと検討した末、ついにハウスメーカーを決めました。   Panasonic Homes(パナソニッ...

 

[st_af id=”4186″]

 

目次

支払いの電気代だけで見れば支出額はアップしたものの、生活の質は向上しているので満足度はかなり高い

冬にファンヒーターの灯油がなくなって給油する手間がほんとイヤで…寒いし。開放されてよかった。灯油を買いに行く手間もなくなった!

 

賃貸より生活向上した点

  • 全館空調エアロハスで家中の温度差がなくなった
  • 家が広くなった
  • 冬のコタツが必要なく、1年中同じ暮らし方ができる
  • ドラム式洗濯乾燥機を使用して時短家事が実現
  • 浴室乾燥機でお風呂のカビ知らずに
  • 食洗機は毎日フル稼働
  • 休日に家族みんな家でゆっくり過ごすことが増えた

 

マイホームの意外なメリットとして、「休日に出かける頻度が減る」というのが実際にありました。

賃貸のときは家が狭く、居心地があまり良くないので、休日になるとどっかに出かけるのが常でした。もちろん出かければそれなりにお金はかかりましたが…。

 

今では、土日のどちらかは家族で家にずっといるということもかなり多いです。おうちでランチして、みんなでゴロゴロしたりゲームしたり、お庭で遊ぶのが楽しくなりました。

 

でも、家にいる時間が増えているはずなのに、電気代はさほど変わらないってすごいことですよね。

 

あわせて読みたい
【更新制】パナソニックホームズの電気代の1年間の収支まとめ|太陽光発電・全館空調エアロハスあり わが家はパナソニック ホームズでおうちを建てました。     光熱費に関しては、住んでみなければわからないですよね。 住宅ローンを支払っていく上で、光熱費...

 

 

売電の恩恵〜単価26円で10年間は買取してもらえるので、その間に太陽光パネルの投資額は回収できそう

2019年の実績の実質電気代負担額は、売電収入ありきの金額になります。(我が家は余剰売電で導入費用200万円ほどでした。)

 

10年間は現在の単価のまま電力を買取してもらえる契約です。単純に考えて、年間16万円として10年で192万円なのでほぼトントンですね。

 

余剰買取なので、昼間に発電した電力は、そのまま昼の電力消費に充てられていることを考えれば、さらに回収できる年数は縮まると考えられます。。

妻の私が在宅ワーカーで、ほぼ毎日家にいることを考えると、電気代のコストパフォーマンスはかなり高いと考えられます。

 

[st_af id=”4190″]

 

10年後からの支払い電気代はどうなる?

10年を超えてしまったら…年間16万円程度の売電収入がなくなるってこと?

…そうなんですよね。

現在の自由買取の価格を見ると単価10円を切ってしまっているのも見かけるので、長い目で見て売電収入に頼るのはあまりよくありません。

 

10年後の対策

  • できるだけ電力の自家消費をする
  • 蓄電池を導入して、昼間に電力を貯めて夜使う
  • 電気自動車を購入して、ガソリン代の節約につなげる
  • 電力買取業者の比較見積もりをしっかりして、できるだけ単価の高い会社と契約する

…などが考えられます。

 

特に蓄電池は、これから積極的に導入したいところですね。

 

あわせて読みたい
実際どうなの?使って知ったパナソニック製家庭用蓄電池のメリット・デメリット【2019】 わが家はパナソニック ホームズでおうちを建てました。 屋根には6.5kWhのPanasonic製ソーラーパネルを搭載しています。   そして太陽光発電と合わせて導入したのが...

 

売電収入が確実な10年の間に住宅ローン返済資金をしっかり貯めるべき

私は、家を買って最初の10年間が家庭の資産を増やす勝負の時期だと思っています。

 

家を買って最初の10年間って、購入した時期や家の条件にもよりますが、

  • 住宅ローン控除が使える
  • 固定資産税の減税期間がある
  • 安定した売電収入がある

…などの恩恵があります。

 

逆に考えると、11年目からは↑の恩恵が一切なくなってしまいます…。

 

最初の10年間、淡々と住宅ローンを返済していけば残高もそれなりに減りますよね。それとあわせてしっかり貯蓄できていれば、11年後に繰上げ返済するなり、あえてせずに資産運用するなり、余裕を持って考えられると思います。

 

あわせて読みたい
「1,000万円貯める人」になるコツ…頭金を作りたい・繰上げ返済したい人必見! おうちが欲しい(注文住宅を建てたい) 頭金を作りたい 住宅ローンの繰り上げ返済をしていきたい… 住宅ローン返済しながら、子供の教育費を準備したい   さまざま...

 

電気代は「家の性能」や「地域性(寒暖差)」「電力の契約の仕方」にも左右されるので、自分の家でよく考えるべき

よくインスタグラムで、「賃貸と比べて、電気代はどうですか?」と質問をいただきますが、我が家の場合は全体的にいい結果だったと思います。

 

ただし、電気代ばっかりは結果論であって、実際には建てた家のスペックだとか、家族構成でも全然変わると思うんですよね。

我が家は寒い地域に住んでいますので、冬の電気代が気になりますが、夏の暑さが厳しい地域でしたら夏の電気代の方が気になるかもしれません。

また、オール電化にするのか、ガス併用(さらにプロパンor都市ガス)にするのかで、節約の仕方も全然違うことを忘れてはいけません。

 

[st_af id=”4186″]

 

どんな暮らしをしたいかでも満足度は変わってきます。ぜひしっかりと現在の固定費を確認して、自分のおうちはどうなのかについて考えましょう。

[st_af id=”4183″]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次