土地選び

一戸建てマイホームを持ちたい!あなたに合った土地・建物選びの4つの選択肢まとめ

「一戸建てマイホームが欲しい!」となったら、あなたはどんな行動に出ますか?

我が家は「注文住宅を建てる」という選択をしました。

 

でも一戸建てを手に入れる方法は、注文住宅だけではありませんよね。

 

主に4つの選択肢があるよ

  1. 土地を用意して注文住宅を建てる
  2. 建売住宅を買う
  3. 建築条件付き土地を購入して家を建てる(売建住宅
  4. 中古住宅を買う

 

どの選択肢も聞いたことがありますよね。

この記事では、一戸建てを手に入れるにあたっての4つの選択肢について、それぞれのメリット・デメリットをまとめます。

 

「自分たち家族にはどの選択肢が向いているのかな?」ということを考える参考にしてみてください。

 

 

一戸建てマイホーム計画で「注文住宅」を選択する場合のメリットとデメリット、注意点

我が家は注文住宅です。間取りから住宅設備まで、好きなものを選択しながら、こだわりをつめ込むことができます。

 

メリット

  • 好みのデザインや性能のHMや工務店が自由に選べる
  • 間取り・外観・住宅設備などが自由に決められる
  • 家にこだわりを詰めこめる

 

例えば我が家の場合、2階リビングにしました。日当たりや家事動線を考えた末の選択でしたが、注文住宅だからこそできたことと言えます。

 

デメリット

  • 土地を用意する必要がある
  • こだわりを自由に詰めこめる分、費用が増す可能性大
  • 打ち合わせに時間がかかるので引き渡しまでの時間がかかる

 

注文住宅を建てるときに欠かせないのが「土地」です。

親や親族に譲ってもらえる土地があったり、めぼしい土地を見つけられれば問題ありませんが、友人などから「土地が見つからなくて家づくり計画が進まない」という話もよく耳にします。

土地はHMや工務店で探してもらうことも可能ですが、結果的に土地を見つけた会社で建物建築するようになりますので、選択肢が狭まってしまいますね。

 

注文住宅の注意点

注文住宅を建てる場合は、とにかく「資金面」がネックになります。

  • 土地の手付金などで自己資金が必要
  • 土地ローンが先に実行されることアリ
  • 建物の見積額が当初の予定よりあがる可能性アリ

…など、ある程度「自己資金」が準備できていた方が安心です。

 

あと、「子供の入学に間に合わせたい!」などという場合も注意です。打ち合わせと建築で、最低1年ぐらいはかかるので、計画的に家づくりをしていかないと引越しに間に合わない可能性があります。

 

参考
わが家の新築住宅計画の流れ〜完成までのスケジュールを時系列でまとめました

続きを見る

 

\まずは家づくりの流れをつかもう/

「成功する家づくり7つの法則」をもらう

※間取りプラン作成・資料請求ともに無料です

 

 

一戸建てマイホーム計画で「建売住宅」を選択する場合のメリットとデメリット、注意点

すでにできあがった新築物件を購入するのが「建売住宅」です。よく住宅情報誌などにも「即入居可!」などと載っていますよね。

 

メリット

  • 土地と建物がセットなので、土地探し・HM探しの手間が省ける
  • 打ち合わせにかける時間を大幅に短縮できる
  • 引越しを急ぎたい場合でも対応可
  • 注文住宅に比べると値段が安い

 

建売住宅の場合には、すでに建物ができあがっているので、住宅ローンさえ実行できれば即引渡しになるのがメリットです。

 

デメリット

  • 間取り・住宅設備・アクセントクロスなどの内装・外装の希望が叶わない
  • 工事過程を見れないので、構造・断熱材の入り方などはチェックできない

建売住宅の場合は、安くおトクに買える分「妥協すること」も大切になってきます。

 

某お安い大手HMの建売を購入した友人が、「雨どいついてなかった…」と言っていたのを聞きました。現場監督などと建設中に直接話したりできないのもデメリットかな…。

 

建売住宅の注意点

  • 着工前の建売住宅が販売されていることもある
  • 短期間のモデルハウス使用の後に売り出されるオトクな物件もアリ

 

たまに「未完成の状態」の建売住宅を販売しているパターンもあります。この場合は、引き渡しまでに時間がかかるので注意しましょう。

意外とおトクなのが、モデルハウスに使用されていた物件です。築浅で設備も整っていて、注文住宅で建てるより安く手に入る可能性があります。

 

 

一戸建てマイホーム計画で「建築条件付き土地の購入」をする場合のメリットとデメリット、注意点

「土地を気持ち安めに売るよ!だけど、建物は指定の工務店やHMで建てるのが条件ね!」…という物件です。

 

メリット

  • 土地が手に入りにくい人気のエリアで土地が買える可能性がある
  • 周辺価格より土地価格が安め
  • 建築会社が指定なので、HM・工務店を探す手間が省ける

 

デメリット

  • 土地の売買契約から3ヶ月以内に建物の建築請負契約をする必要がある
  • HM・工務店を自由に選べない
  • 建築プランが決まっていることも多く、間取りを100%自由に決められるとは限らない
  • 土地が安い分、建物価格に上乗せされている可能性がある

 

売建住宅の注意点

建築条件を外したい場合は、他の建てたいHMの営業マンに相談すれば交渉してもらえる可能性もあります。(できるかどうかは交渉次第)

ただし、条件を外すとなると、土地価格もあがるので、一般的に費用は増します。

 

また、土地契約から3ヶ月以内に建物の建築請負契約が必要になるので、スケジュールは少し忙しくなる点で注意ですね。

 

 

一戸建てマイホーム計画で「中古住宅」を選択する場合のメリットとデメリット、注意点

誰かが所有していた土地と建物を購入するのが中古住宅です。築浅の物件から年季の入った物件までいろいろありますね。

 

メリット

  • 新築に比べると価格がお手頃
  • 実際の物件を見学して状況を確認できる
  • ご近所の様子を確認できる
  • リフォームすればまるで新築のように生まれ変わる可能性も

 

デメリット

  • 物件の購入費用と、リフォーム費用で二重にローンが必要な場合も
  • リフォームローンは、新築住宅ローンより金利が高め
  • 築年数が経っていると、不具合や耐震などの住宅性能が低い可能性がある
  • 維持費用は新築よりかかる可能性あり

 

中古住宅の注意点

「安いから」と飛びつくと、意外と修繕やリフォーム費用で出費がかさむ可能性があることに注意です。特に、築年数が経っている物件は慎重に検討しましょう。

 

築浅で手放された物件は狙い目です。新築の物件価格は、築浅でも「中古」になってしまうだけでガクッと下がるので。

 

  • 住宅ローンが払えなくなった
  • 転勤や住み替えで必要なくなった
  • 離婚した

…など手放す理由はさまざまですが、気にしなければおトクなことは間違いありません。

 

あなたのタイプ別「一戸建てマイホーム選び」の参考

「お金と土地の心配がなければ注文住宅でしょ」と思うかもしれませんが、建売・売建・中古にも良い点はたくさんあります。何を重要とするかが大事。

 

建売住宅がおすすめの人の特徴

  • 家にあまりこだわりはなく「マイホームを持てればOK」というスタンス
  • 打ち合わせにかける時間がない
  • 物事を決めるのが苦手、迷いやすい
  • 立地を優先したい
  • 早く引越ししたい
  • 自己資金が心配

 

売建住宅(条件付き土地の購入)がおすすめの人の特徴

  • 建売じゃちょっと物足りない「家づくりを少しでも楽しみたい」
  • 何よりも土地の場所が気に入った
  • HM選びや、建物の構造や性能などにはあまり興味がない
  • 注文住宅を建てるほど時間がない

 

中古住宅がおすすめの人の特徴

  • とにかく購入費用を抑えたい
  • 既存の物件を「自分の目で見て」決めたい
  • 将来「建て替え」も視野に入れたい

 

とにかく「こだわりたい」という方はもちろん注文住宅がおすすめです。でも注文住宅以外にも選択肢があって、それぞれ良い点もあることをぜひお忘れなく。

 

\まずは家づくりの流れをつかもう/

「成功する家づくり7つの法則」をもらう

※間取りプラン作成・資料請求ともに無料です









-土地選び
-

Copyright© オウチタテル , 2020 All Rights Reserved.